「ファクタリング」をわかりやすく解説!仕組み・メリット・注意点を紹介

コンサルティング

ファクタリングは素早く資金を調達したい場合に、非常に有効な手段の一つです。しかも、資金の返済の必要はありません。

ここでは、ファクタリングの詳しいメリット、注意点などについて、詳しく解説します。これからファクタリングサービスを利用して資金調達をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリングとは

ファクタリング会社と呼ばれる企業に売掛債権を買い取ってもらう、または、売却債権を保険に掛けるサービスが、ファクタリングです。

欧米を中心に発展した資金調達方法で、日本ではまだあまりなじみがないかもしれませんが、有効に活用すればとても利便性の高い手段となります。

ファクタリングには、以下の2種類の方法があります。

・買取型ファクタリング
・保証型ファクタリング

以下で、それぞれの方法について解説しましょう。

買取型ファクタリング

買取型ファクタリングには、二社間ファクタリングと三社間ファクタリングがあります。

二社間ファクタリング

二社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社とのみやり取りし、取引先の会社は通常通り自社に売掛金を支払います。基本的に、ファクタリング会社との間でやり取りが完結します。

取引のスピード感はありますが、ファクタリング会社への手数料は高い傾向にあります。

三社間ファクタリング

三社とは、自社、ファクタリング会社、取引先のことを指し、ファクタリング会社、取引先の会社ともやり取りをおこなう方法です。

ファクタリング会社に売掛債権を売却して、手数料を差し引いた代金が支払われます。そして、ファクタリング会社は取引先から売掛金の支払い金を受け取るという流れです。

取引先との契約の合意が必要なので手間と時間がかかりますが、手数料は二社間に比べると安い傾向にあります。

保証型ファクタリング

保証型ファクタリングは、売掛金の未払いが発生した場合に利用できる方法です。

あらかじめ、ファクタリング会社と契約をしておきます。そして、取引先が売掛金を支払えず未払いが発生した場合に、ファクタリング会社から手数料が差し引かれた代金が支払われます。

ただ、未払いが発生した時に支払われるものなので、急ぎで資金が必要な場合におすすめできる方法ではありません。あくまで、未払いが発生した場合の対策として有効な方法です。

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングを利用する際には、以下のようなメリットがあります。

・売掛金の入金前に現金を得られる
・融資の結果を問わず利用できる可能性がある
・他の資金調達方法よりも即時性が高い

ここでは、上記のメリットについて解説しましょう。

売掛金の入金前に現金を得られる

ファクタリングを使うと、売却する売掛金の入金を待たずに現金を得られるというメリットがあります。

売掛金の入金日よりも前に資金が必要になる場合もあるでしょう。売掛金の入金時期まで待てない、取り急ぎ資金を調達したいという場合に、ファクタリングは非常に有効な手段です。

融資の結果を問わず利用できる可能性がある

銀行の融資が受けられない場合でも、ファクタリングなら利用できる可能性があります。なぜなら、銀行の融資のように、自社が審査されるわけではないからです。

ファクタリングを利用する際に審査されるのは、取引先の企業です。取引先の信頼があれば、ファクタリングを利用して資金を調達することが可能です。

他の資金調達方法よりも即時性が高い

他の資金調達方法よりも即時性が高く、最短即日で資金を受け取れるのは大きな魅力です。

銀行などの融資を受ける際には、融資の申請から審査までに時間がかかりますし、審査のために必要な資料を用意する手間やコストもかかります。

ビジネスローンを使えばすぐに資金を調達できますが、負債を抱えることになり、高額な利子を支払う必要もあります。その点、ファクタリングは返済が不要で素早く資金調達できるので、メリットが大きいと言えるでしょう。

ファクタリングを利用する際のデメリット(注意点)

ファクタリングには多くのメリットがありますが、一方、以下のような点にも注意が必要です。

・手数料が発生する
・【三社間ファクタリングの場合】取引先の承認を得る必要があり、信用に影響する
・買取型と保証型で対応できる範囲が異なる
・悪徳業者が存在する

ここでは、上記の注意点について解説しましょう。

手数料が発生する

ファクタリングの利用時には、決して安くはない手数料をファクタリング会社に支払う必要があります。特に、取引先と直接やり取りする必要がない、二社間ファクタリングは手数料が高額です。

そのため、普通に売掛金の入金期限まで待って取引先から支払われるよりも、手数料の分資金が減ってしまうことに注意が必要です。

【三社間ファクタリングの場合】取引先の承認を得る必要があり、信用に影響する

三者間ファクタリングの場合のみですが、取引先にファクタリングをおこなう旨の承認を得ます。その際に、取引先からの信用に影響する可能性があるので、注意が必要です。

買取型と保証型で対応できる範囲が異なる

買取型ファクタリングと保証型ファクタリングでは、対応できる範囲が異なることにも注意が必要です。

買取型の目的は、売掛債権の現金化です。一方、保証型の目的は、売掛債権を確実に回収すること、与信管理を他社に外注することです。

それぞれの目的や範囲を正しく把握して利用しましょう。

悪徳業者が存在する

ファクタリング会社のなかには、悪徳業者も混じっているのでご注意ください。

例えば、手数料が異様に高額だった、貸し付け業者がファクタリング会社と偽っていた、などです。高金利の貸し付け業者なのに、ファクタリング業者と偽っていた悪徳業者も過去に存在しました。

ファクタリングは債権の売却なので返済の義務はありません。資金の返済を求められた、最初に手数料が提示されず支払いの段階で高額な手数料が差し引かれていたなどのケースもあるので、ご注意ください。

ブルック・コンサルティングがファクタリング利用をサポート

ブルック・コンサルティングはファクタリングの利用を強力にサポートし、あなたのケースにぴったりのファクタリング業者をご紹介、または仲介します。

ファクタリングサービスの豊富なノウハウで、素早い資金調達をサポートしますので、ぜひブルック・コンサルティングにご相談ください。

まとめ

この記事では、ファクタリングの種類やメリット・注意点について詳しく解説しました。

ファクタリングには、以下の2種類の方法があります。

・買取型ファクタリング:売掛債権をファクタリング会社に売却する
・保証型ファクタリング:回収できなくなった売掛金に対し、保証会社が保証金を支払ってくれる

ファクタリングには以下のようなメリットがあるため、おすすめの資金調達手段です。

・売掛金の入金前に現金を得られる
・融資の結果を問わず利用できる可能性がある
・他の資金調達方法よりも即時性が高い

一方、以下のような注意点をあらかじめ知っておく必要もあるでしょう。

・手数料が発生する
・【三社間ファクタリングの場合】取引先の承認を得る必要があり、信用に影響する
・買取型と保証型で対応できる範囲が異なる
・悪徳業者が存在する

ブルック・コンサルティングでは豊富なノウハウで資金調達を強力にサポートしますので、ぜひご相談ください。