ファクタリングを利用するメリットとは?注意点(デメリット)も解説

コンサルティング

企業の経営をしている中では「早急に現金が必要になった!」ということもあるでしょう。金融機関の融資などには時間がかかって間に合わないという場合には、ファクタリングを利用する手があります。

しかし、「ファクタリングは聞いたことはあるものの、まだ利用したことがない」という経営者の方も少なくないでしょう。そこでこのコラムでは、ファクタリングの概要やメリットのほか、注意点も紹介します。ぜひ資金調達の参考にしてください。

ファクタリングとは

「ファクタリング」とは、売掛金を売却することで資金調達できる手段です。

例えば2ヶ月後に現金振り込みされる売掛金があるが、来週運転資金があると助かるという場合を想像してください。あまりに急だと金融機関に相談しても間に合わないことが多いですが、既存の売掛金をファクタリング会社に売却すれば素早く資金調達できますし、返済の必要もありません。

また、ファクタリングには担保も保証人も不要ですし、節税効果もあるので、資金調達の方法として知っておくと非常に便利です。

ファクタリングには他にも多数のメリットがありますので、以下でわかりやすく説明していきます。

ファクタリングを利用するメリット

ここからは、ファクタリングを利用することのメリットを説明します。

債権回収の期限前に現金化ができる

売掛金はあるが2ヶ月後にしか現金が入手できないといったケースで、ファクタリング会社に債権を売却すれば、債権回収の期限より前に現金を手に入れることが出来ます。

即時性の求められる状況でも資金調達ができる

資金調達を目的として金融機関に相談しても数週間かかることが多く、素早く資金調達したいときには役に立たないということもあるでしょう。

一方ファクタリングなら、融資に比べて必要な書類や審査が少ないので、資金調達までにかかる時間が非常に短いメリットがあります。

信用情報への影響なく資金調達ができる

借入は利用するたびに信用情報に書き込まれますから、場合によってはその後の借入が難しくなることもあります。

しかしファクタリングはそもそも借入ではありませんから、負債が増えることもありません。そのため、ファクタリングはどれほど利用しても信用情報に影響はないのです。

取引先の倒産に対するリスクヘッジができる

事業をしていると売掛先が倒産したことで債権を回収できないということもあり得ます。

一方、通常の債権回収より先にファクタリングで現金化しておけば、その後売掛先が倒産してもファクタリングを利用した会社に被害が及ぶことはありません。

資産のオフバランス化が図れる

貸借対照表(バランスシート)は資産と負債が少ないほど高評価されます。企業経営は少ない資産で多くの利益を得ることが優秀だと判断されるからです。

ファクタリングを利用すれば、売掛金と言う資産を減らせますし、負債は増えません。これが「オフバランス化」と言われるメリットです。

【2社間の場合】手間がかからず、ファクタリング利用が知られない

ファクタリングには「2社間」と「3社間」の2種類があります。2社間ファクタリングを利用すれば、自社とファクタリング会社間でのみ取引が行われるため、売掛先にファクタリングを利用していることを知られないメリットがあります。

【3社間の場合】手数料が安い

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングより手数料が安いメリットがあります。

一方、3社間ファクタリングは売掛先にファクタリングを利用していることを知られる特徴があります。ファクタリングは何ら悪いことではなく正当な資金調達方法のひとつですが、取引先に資金調達に苦心しているとネガティブに捉えられる可能性は否定できません。そのため、この点は注意事項として知っておいた方が良いでしょう。

ファクタリングにはいくつかの注意点もあるので、次の項目で詳しく解説します。

ファクタリングを利用する際の注意点(デメリット)

ここではファクタリングを利用する際の注意点を記載しましょう。

手数料によって本来の売掛金より少ない金額になる

ファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社に対する手数料が必要となります。そのため、売掛金が通常通り現金化されることに比べると、得られる現金は手数料分少なくなるのです。

ファクタリング契約の手間がかかる

ファクタリングを利用する際は、銀行融資や補助金を利用することに比べれば手続きは少ないのですが、いくつかの手間は発生します。

また、3社間ファクタリングは手数料は安いものの、2社間ファクタリングより手間はかかりますから注意事項として頭に入れておきましょう。

ファクタリング利用が知られた場合、資金繰りの悪化を心配される

3社間ファクタリングを利用すると手数料が安い反面、売掛先にファクタリングを利用していることが知られます。ファクタリングはアメリカで始まった手法で、欧米では一般的な資金調達方法として定着しています。

しかし、日本ではまだ認知度が低いこともあり、「企業として資金繰りが悪化しているのでは?」と心配される可能性もあります。

悪徳ファクタリング業者が存在する

ファクタリング会社のほとんどは誠実で正直な仕事をしています。しかし、中には資金調達に困っている企業の足元を見て詐欺まがいの仕事をする業者も存在するので注意が必要です。

例えば、最初は安い手数料を提示しておきながら、何かと理由を付けて結果的には相場を超えた手数料を取る業者がいます。

また、ファクタリングは契約条件を聞いたうえで利用しない判断をすることも自由ですが、いったん話を始めると強引に契約を迫る業者も存在します。

このような業者に騙されないように、ファクタリングを検討する際は信頼できる会社を選ぶように注意しましょう。

ブルック・コンサルティングがサポートできること

ブルック・コンサルティングは企業や店舗、個人事業を営む方の経営改善や資金調達を全力でサポートする会社です。

当社は特に資金調達のサポートを得意としており、ファクタリングの利用や、補助金や助成金の申請などを手助けすることが出来ます。

「ファクタリングを利用したいが、仕組みがよくわからない」、「悪徳業者に騙されることが怖い」といった場合には、ぜひブルック・コンサルティングにご相談ください。当社は資金調達方法に精通したプロフェッショナルですから、状況によってはファクタリング以外の方法を提示できることもあります。

まとめ

ファクタリングがどんなものなのかを説明したうえで、ファクタリングを利用するメリットや注意点をまとめました。

ファクタリングは借り入れではないので信用情報を悪化させませんし、返済の必要も無く、素早く資金調達できる便利な方法です。メリットだけでなく注意点も知っておけば、いざというときに利用してスマートに資金繰りを改善することもできますから、ぜひ記憶しておいてください。

また、ブルック・コンサルティングは補助金や助成金の申請サポートも行っています。そのため、急をしのぐ方法としてファクタリングを利用しつつ、長期的な資金繰りの改善のために補助金や助成金を検討することもできます。

事業の経営改善、資金調達でお困りの際は、多数の実績を持つブルック・コンサルティングにお気軽にご相談ください。